メインイメージ画像

自分がトライしたいと興味があるお仕事をする事が最もおすすめ

今、自分はどんな仕事やれるのか、また職種によって、どういったスキルを望まれるのかという事は、仕事を探す際に、重要な部分ですよね。事務職系のお仕事だと、データ入力だったら、派遣先企業によっては利用されるアプリケーションソフトは様々です。必ずExcelやWordと定められている訳ではないんです。必要とされる能力は、データの正確性とスピードが必要とされます。

営業系の仕事では、店舗巡回営業になったら、必要とされる能力は、接客スキルから、プレゼン力や企画力を必要とされます。工場関係のお仕事になったら、軽作業と言われますが、けっこう体力勝負で大変みたいです。必要とされる能力というものは、忍耐と集中力、体力が必要とされるスキルと言えると思います。派遣で働くなら、自分がトライしたいと興味があるお仕事をする事が、最もおすすめですね。

お仕事したいと思った時に、気になる所は、働く年齢ではないでしょうか?自分の場合も、育児がひと段落して、働き先を探そうとしたんですが、やはり、自身の歳でやれる職種あるのかなと、不安になった事がありました。特に派遣だと、若者もたくさんいらっしゃるし、30代で一時でも現場から離れていたとなったら、仕事の幅も減るのではないかと心配になるでしょう。また、果たして自身の能力や知識が、今の流行りに通用するかも、見えないところかもしれません。

だけど、ブランクがあっても復帰して、バリバリ働いている人はたくさんいるんです。そして、長い間に身についた仕事の感などは、仕事に空白があったとしても、すぐに戻るものですよね。若者と同じように新しい仕事にトライしても良いでしょう。